Xen3 on NetBSD

ここ1ヶ月くらい時間を見付けてちょこちょこといじっていたXen3 on NetBSDがようやっと実用段階に持ち込めたのでメモ。といっても、 最終的には NetBSD/xen Howto通りにやりゃあいいだけなので、特筆すべき事はないのだ が、NetBSDでXen3がまともに使えたという状況報告だけでも有用だと思うので 書いておこう。

色々試行錯誤の結果得た感触としては、2006年暮れ現在で、 なるべく多くのOSを同時に動かすためにXenを使おうと思ったら Xen3 on NetBSDが一番楽なんじゃないかという風に感じた。というのは、

などの点がある。

NetBSD で xen3 dom0を動かすための注意としては、

あたりが挙げられる。

話はそれるが、XenのDomUにLinuxをインストールしようとする場合、 LinuxのインストーラはGUIインストールが基本なので コンソールベースの起動しかできないXenでは、ゲストOSに Linuxを入れるのはものすごく制約が大きい。てゆーかそれ以前に、 「インストール用カーネル」ってのがわからん。 てなわけで、 別のPCにいったん使いたいディストリビューションをインストールして そこにあるファイルをrsyncとかでXenU環境用のイメージファイルに コピーするしか楽な手はなさそう。

その点、ゲストOSにNetBSDを入れる場合は netbsd-INSTALLカーネルを起動すればいいだけなのですげー楽ちん。

てなわけで、現状Xen3 on NetBSD-currentに起動している OSはこんな風。

Name                ID Mem(MiB) VCPUs State   Time(s)
Domain-0             0       64     1 r-----   2056.0
FedoraCore          18      240     1 ------   1045.3
NetBSD               1      128     1 -b----     61.3
NetBSD3stbl         24       64     1 ------      3.4
SUSE                15      256     1 ------    348.1

Dom0のNetBSDの仮想コンソール vt05〜vt08に、それぞれ NetBSD(Dom0)、NetBSD実用環境、SUSE 10.1、FedoraCore6 のXを上げて稼動中。最初のインストールはちと面倒臭いが、いちど 立ち上げちゃえばモッサリ感全くなしでどのOSも使える。素晴らしい。

さて、物理メモリを2GBに増やすか。


叱咤激励感想ツッコミはゲストブック

Generated with mkdiary.rb
yuuji@gentei.org
Fingerprint16 = FF F9 FF CC E0 FE 5C F7 19 97 28 24 EC 5D 39 BA
HIROSE Yuuji - ASTROLOGY / BIKE / EPO / GUEST BOOK / YaTeX [Tweet]