antibadmail機能追加

antibadmail運用時の 環境変数 HEADERCHECK=1 のときのみの機能として ヘッダのパターンを解析してスパム拒否する機能に正規表現を利用可能にした。 ただ、pcreとかを持ち込んで不確実要素を増やしたくないのでlibcのみ。

フォワードされて来るスパムの Received ヘッダを解析した拒否が かなりやりやすくなる。

いまのところcvs版のみに実装。


叱咤激励感想ツッコミはゲストブック

Generated with mkdiary.rb
yuuji@gentei.org
Fingerprint16 = FF F9 FF CC E0 FE 5C F7 19 97 28 24 EC 5D 39 BA
HIROSE Yuuji - ASTROLOGY / BIKE / EPO / GUEST BOOK / YaTeX [Tweet]