閏秒対策

久しぶりに閏秒が導入された、ということをすっかり忘れていた。 去年の新聞で読んだっきりだからなー。

てことでシステム時刻としてTAI(Temps Atomique International)を利用している 賢人どもは閏秒テーブルを更新すべし−、なのじゃ。

このへんの背景は UNIXUSERに書いた原稿 を見といてクレ。

まず、Zoneinfoを更新。まこれは*BSDなら最新版のソースをcvsとかで持って 来て

つぎ、clockspeedを利用している場合。 djbのlibtaiページ最新版のleapsecs.dat があるのでもろてきて、/etc にインストールする。

ちなみに、leapsecs.datを自前で作りたいときは libtai-0.60.tar.gzパッケージの中にある leapsecs.txtファイルの末尾に

+2005-12-31

を追加して、

% ./leapsecs < leapsecs.txt > leapsecs.dat

とする。

既にclockspeedが走っている場合は、1秒ずれた状態で走ってしまっているか もしれないので、再起動してタイミング合わせを行なう。以下の例では 近くのNTPサーバのIPアドレスを N.T.P.S と表記する。

# ntps=N.T.P.S
# svc -d /service/clockspeed
# sntpclock $ntps | clockadd
# svc -u /service/clockspeed
# (sleep 60; sntpclock $ntps | clockadd; \
   sleep 3600; sntpclock $ntps | clockadd) &

最後のタイミング合わせのコマンドは、 /service/clockspeed/runスクリプトに仕込んどくとええよ。


叱咤激励感想ツッコミはゲストブック

Generated with mkdiary.rb
yuuji@gentei.org
Fingerprint16 = FF F9 FF CC E0 FE 5C F7 19 97 28 24 EC 5D 39 BA
HIROSE Yuuji - ASTROLOGY / BIKE / EPO / GUEST BOOK / YaTeX [Tweet]