ThinkPad X21にNetBSD


最初にpresizerを掛けようと思ったのだが、なにやらもともと切ってあるパー ティションがoverwrapしているという警告が出て先に進めず。意図的にパーティ ション可変ツールを使えなくしているのかな…? てことで、preinstalled Windows 2000 はさくっと諦めることにした。 なんだかんだで、とっといてもどうせ使わないし、vmwareでいいし。

でやったこと。

  1. 電源ON直後のF1のBIOSメニューで、Legacy Floppy Drive をOFFに
  2. www.ibm.co.jp あたりから 「ハイバネーション・ユーティリティ・ディスケット II」ちうユーティ リティをもらって来て、LHA自己解凍式exeを起動。新品FDDを入れて そいつにPHDISKユーティリティをコピー。デフォルトでついて来るバッチ ファイルはA:ドライブを要求して来るのだが、USB-FDDはB:になっちゃう から適当にバッチファイルをカンニングしてB:にユーティリティを書くよ うにする。
  3. www.freedos.orgからFreeDOSの β版をもらってきて dd if=mini.bin of=/dev/rfd0a
  4. FreeDOSでブートしてfdiskして既存パーティションを全て消去
  5. ハイバネーションユーティリティで作ったFDで起動。ハイバネーションパー ティションを作ってもらう
  6. NetBSDのブートフロッピーを突っこんで普通にインストール

おちまい。あれれ。簡単。


Generated with mkdiary.pl
yuuji@gentei.org
Fingerprint16 = FF F9 FF CC E0 FE 5C F7 19 97 28 24 EC 5D 39 BA
HIROSE Yuuji - ASTROLOGY / BIKE / EPO / GUEST BOOK / YaTeX [Tweet]