酒田へ

さーて、いよいよ酒田に移動だ。もう4月とはいえ前日に東北全域である程度 の雪が降ったらしい。おまけに3/31には東京でも降るくらいだから、ちょうど寒 い周期に当たっちゃったかもしれん。

出発

最初は6時に出ようか、とか思っていたが、関越で新潟まで300km走っ ちゃえば後はすぐという感じがしたので8時すぎに出発。なんかいつもの 出勤と変わらない。ついでに「出発」とはいえ、「自宅」に向かうわけだ からほとんど荷物がない。荷物が少ないとおちつかない:-)

おそらくこれがラストとなる Photo緑荘からのGO!! いとしき緑荘よさらば。

横浜〜関越練馬

環八は混むのでいつも外苑東通りを。今日も空いていた。が、間違っ て外苑西通りにはいってしもた。うおーん。が、心配した明治通りもあん まり混んでなかった。が、やっぱり基本的に信号が多いので時間がかかっ て約80分で関越練馬へ。自宅で入れたばかりだが、一応関越道に入る前に 給油。2.5リットル。ごめんよあんちゃん!

関越自動車道

まだトラックの増える前だったかな。割りと空いていた。100km/hちょ いで走る車を見付けては着いていった。らくだー。ひそかにR1に荷物を積 んで体重65kg相当的な感じで乗ると、道路の繋ぎ目とかをふんわかと吸収 してくれてとても乗り心地が良い。うーん、つあらー。

湯沢辺りが一番寒いんでは、と路面凍結などを警戒していたがそうで もなくて安心。で、関越トンネルへ。長いねー。と走り切ったらそこは

雪国だった!

どひゃー、高速道路以外全部真白! あもちろん雪が降ってるわけでは なく、天気は快晴。すげー。太陽は出ているがめっちゃさぶい! トンネル 前後でえらい違いや。周りに見えるたんぼが雪の原でむっちゃ綺麗で撮影 したいぐらいだったが当然止まるわけもなく走り切る。たまに路面に水が あると、もしや氷か? と緊張しながらだったが、太陽カンカンだったし全 然問題なかった。堀ノ内を過ぎると急にあったかくなって来た。標高あん まり変わらないのにな。たんぼにも雪がなかったり。いったんSAでトイレ &ハイカ&給油休憩。SAもなかなか雪 国Photoだった。

新潟で昼飯

某ゲストブックの常連ひろたん氏から聞いていたラーメン屋を探す。 あらかじめメイルで教えられていた通りに進んだらどんぴしゃだるまやPhoto発見。結構腹 減っていたのでギョーザも頼もうか悩んだがあとで眠くなったり、おえっ ぷ来るのも嫌なのでノーマルのラーメンを注文。おお、これは意外にボリュームたっぷりPhotoだぞ! モヤシが背脂のこってり感をリフレッシュしてく れてなかなかうまかった。新横濱亭の、妙にマッチしていないモヤシとは 違うのだ。ぐおー、満足。

笹川流れ

新潟市街を出てR8を北上。途中R7に変わる。そのまま行くと山ルート になってしまうのでR113に入る。村上までは松林の中を抜けるルート。流 れ遅く黄色車線。道はいいがあまり楽しくない。が20分の我慢。神林村に 入ると田園の中の爽快ルート。がすぐ村上市街。ここで、R345本線に乗れ ずちと迷う。しっかり地図を見てR345「笹川流れ」に入る。

右手は山、左手は海。彼方に粟島。なかなか豪快な景色。車もほとん ど無し。単独を嫌って速いペースの軽トラックを追いかける。軽トラック、 逃げるようにペースをどんどん上げるのでちょっと車間を置く。ほどよい ペースに落ちた。いい感じ。あちこちに「日本海沿岸東北自動車道を!」 の看板が目立つ。でも、このへん右は岩盤だらけの山ですぐに海、って場 所が結構あるやん。むっちゃ費用かかりそうよ? できるんけ? などと心配。

…あとで酒田の地元広報誌を読んだら、日本海沿岸道は鶴岡温海間着 工、とか書いてあった。うおー、まじで作るらしいぞ。だいじょぶけ?

温海〜酒田

山北町でR7と合流。とたんに大型トラックとかが増える。そりゃそう だよな。ぬー、たまたま二台連続トラックの後に入っちゃってものすごく 不快。止まりゃいいんだけど、面倒だからそのまま温海まで。夕陽近い時 刻で海の景色は良かったが、見てる余裕も出ず、臭い排気ガスをいかにし てかわすかだけ考えて損した走行。鶴岡さ入る。そしてまた郊外型国道。 あんま楽しぐね。R7でねぐ、由良キャンプ場から庄内夕陽街道さ進めば良 がったと思ったけんども時既に遅し。そのまま酒田到着。あかん、天野君、 添削。

8時間半。

【本日の走行距離】 536km



yuuji@gentei.org
Fingerprint16 = FF F9 FF CC E0 FE 5C F7 19 97 28 24 EC 5D 39 BA
HIROSE Yuuji - ASTROLOGY / BIKE / EPO / GUEST BOOK / YaTeX [Tweet]