日本?

音威子府〜R40〜雄信内〜〔258〕〜幌延〜〔121〕〜落合広域農道〜 大規模草地牧場レストハウス〜〔121〕〜沼川〜〔121〕〜声問〜R238〜 稚内港〜東日本海フェリー〜礼文・香深

出発

昨日の夜風呂に入ってるときにぱらっと雨に降られたが、今朝は大丈 夫。朝のコーヒーをのんびり味わったあと、10時頃出発。本日目指すは礼 文だ!

音威子府〜大規模草地レストハウス

まずは、ジンギスカン料理と牛乳がうまいと噂のレストハウスを目指 した。音威子府で左折してR40をひたすら進む。対向車線に警察の車が見 える。お、なにゃ? 良く見ると、ネズミ取り(北海道では「測定」)である。 反対方向ではあるが、思わず緊張してスピードが落ちる。こりゃ、対向車 に教えたろ。と思って、最初にすれ違ったバイク集団(ネイキッド君s) に、 ネズミ取り方向を指さしてパッシングをしてあげた。これで彼らもきっと スピードを落として無事に………と思ったら、彼ら、わしのパッシングと 指さしを、ピースサインの代わりの派手な挨拶だと勘違いしたのか、

立ち上がってYMCAを踊り始めた

派手な挨拶にはもっと派手に返すのが礼儀とばかりに、一生懸命踊っ ている。だから、そうじゃないんだってば…

その後の彼らの安否は不明である。

雄信内で右折して道道258へ。2桁国道を離れるとほっとするのう。幌 延で入った道道121を突き当たりまで進む。否、道路標識では突き当たり だが実際は直進方向の道があるのだ。落合広域農道。それをどんどんすす む。それまでも景色は良かったのに、この道はもっと豪快。アルプスの少 女ハイジに出て来そうな起伏のある草原の 丘の数々を一本の道できれいに駆け抜けてPhoto 行く感じ。これまた爽快。しばらく走ると突然建物が 一軒現れる。それがレストハウスPhotoである。

ここでは飲み放題の牛乳Photoが100円である。やっぱ当り前のようにうまい。そして、 もう一つの目玉ジンギスカンPhoto料理! それでは早速、

じゅーっ Photo

うおほ、やっぱ羊肉はうめー。ここのは硬くなくてうまかった。

食べたあと草原のど真中のレストハウスの芝生で少し休憩。大規模草 地を後戻り。あまりに気分が良いのでOutRiderの真似っこPhoto。ここも気持ちええな。また来よう。

稚内へ

道道121をひたすら北へ。左右は大きな大きな牧草地。快適に走り抜け て14時すぎに稚内港フェリー乗り場Photo到着。意外に人が多くてびっくり。さすが時期が時期や。 受付を済ませて15:05発のフェリーに搭乗 Photo

Photo Photo Photo

稚内〜礼文

地図を見ると、稚内のちょっと先の礼文&利尻。なのに、2時間も かかるしフェリーが高い。変なのー、と思っていたが、出航して納得。 礼文に渡るこのフェリー

むっちゃはええ

といっても、これまで乗ったことのあるフェリーと比べての話なんだ が、まず、加速が良くてびっくり。港内から出るときにはすでに60km/hく らいにスピードアップしていた。うおー、はえー。そのまま礼文までダッ シュ。これだけ速いので2時間? おお、冷静に地図を見るとかなり遠いこ とが判明。そうか、遠かったのか。

おお、見えて来た見えて来たPhoto。よっしゃ、写真撮りまくったるでー、と意気込んでい たが、

「自動車・バイクの運転手は車両までお戻りください」

あ、そうだった。撮れねー。てことで、礼文島 とは車両甲板からこんにちはPhoto

礼文島

島に到着したときは既に17時。さーて、順序良く行き先を決めないと。 一番行きたいのはもちろんウニ丼の店だ。でも、今晩泊まる予定の緑が丘 キャンプ場が、受付17時まで、ということだったので、一応急ぎで行って みることにした。が、

「本日の受付は終了しました。これからキャンプ場に入る人は明日の 朝受付します」

がーん。って、まあ普通はそうだよな。ちょいと時間をロスしてまっ た。荷物はそのままで急いで香深(かぶか: 港の方)に引き返し、元地方面 へ。「桃岩」って標識に従えばいいってことは分かってたが、途中どうみ ても徒歩用くらいの広さしか無い方に「→桃岩」って向いてて、悩んだが 気にせず直進することにした。あ、正解。元地の一番奥に売店の集まって いるところを発見。佐藤売店はどこだ。佐藤売店はどこだ。

あった Photo! しかし、

やってなーい!

翌日聞いた話だが、大体17時すぎくらいまでやってるらしい。くそー、 最初にここに来れば間に合ってたかもしれない。でも、開いてたとしても ウニは売り切れてたに違いない。諦めが肝心。

とりあえず、香深に戻ろう。で、来る時に、なんかでかい岩が見えた。 まん丸だから、きっとあれが桃岩だろう…と、勝手に想像していた。帰り 道、展望台があってそこから見てみたら、

まさしく桃 Photoだった!

うおー、おもしれー。大自然が作ったレプリカ。地球の体を張ったギャ グ。しばし感動。清く美しい整った自然の姿は北海道ならそこかしこにあ るから立ち止まったりしないんじゃが、こういう滑稽な形って、なんか見 てて飽きない。

ついでにYH桃岩荘方面パシャPhoto元地方面パシャPhoto

香深に戻る。買い出しのための店を探す途中で、それまで雲に隠れて いた利尻が姿を見せて来たのでパシャPhoto。普通の商店で買い出しをして、そこで教えてもらった 香深の銭湯北限湯 Photoに行ったあとでキャンプ場へ。 今夜は寂しく缶詰だけ晩酌で夕飯。今夜は質素にしておいて明日のウニに 備えるのだ。とかいいつつ、結構満腹になったのであった…。



yuuji@gentei.org
Fingerprint16 = FF F9 FF CC E0 FE 5C F7 19 97 28 24 EC 5D 39 BA
HIROSE Yuuji - ASTROLOGY / BIKE / EPO / GUEST BOOK / YaTeX [Tweet]